スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

キャッツ

2007⁄03⁄24(土) 23:00
いつも思うけど劇団四季、いや、浅利慶太の思うツボ。

1年に1度の気高きジェリクルキャットが選ばれる日。
誰が選ばれるのか、ネコたちがやきもきするそんな日を、ネコの生き方などと共に語られる。
ラストの曲、Memoryは何度聞いてもいい。
切なくて、物悲しくて、それでいて希望に溢れてて。

高校の時、部活の遠征でアメリカに行き、ブロードウェイでキャッツを初めて観劇。
英語なので、ほとんどストーリーは分からなかったけど、世界観だけは楽しめた。
以来、一度は見たいと思って日々を過ごしていた。

部活をやっていたからMemoryを知っていた
色々な舞台で演奏したし、指揮もしたし。
だからこそ、とりわけ思い入れが強い。
曲のイントロが流れてきただけで目がにじむ。
歌い出したら涙が止まらない。

工夫を凝らした演出があって、個性的なネコがたくさんいて。
すごく印象に残るステージだった。
通路側だったので握手もしてもらえたし。
見に行ってよかった。

あと有名な話だけど、舞台は街のゴミ捨て場。
なので、ネコの大きさに合わせたゴミのラインナップが面白い。
楽しめるところが盛りだくさん。
一度は見ることをオススメします。
スポンサーサイト

TOP

Comment

Trackback

http://mizney01.blog53.fc2.com/tb.php/35-2d0d9b9a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。