スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

卒業

2010⁄03⁄01(月) 23:55
ご卒業おめでとうございます。
僕がこの学校に赴任した最初の年、中学校1年生と2年生を担当しました。
遂にその時の中学校1年生が、高校3年生として卒業していきました。
教員としてこんなに喜ばしいことはありません。

6年間、君たちの成長を見守れてこんなに嬉しとは思わなかった。
卒業に当たって、寂しいと同時に喜びの方が大きいです。
安い表現で申し訳ないが、我が子を見守る気分でした。
たかが6年、されど6年。自分が生きていた長さを痛感します。

高校に入ってから授業を受け持ってなかったので、
あんなに小さかった生徒達が、6年経ってずいぶん大人になったなぁ、と実感しました。
巣立っていくのを見るのは、ホントに感無量。
先生を続けてて一番幸せなことは、生徒の成長を実感できることだと思う。
これは頭では解ってても、経験しないと解らない。

今年で教員7年目になりますが、丸々6年間を見ることができたのは初めての学年です。
とりあえず在校生には申し訳ないですが、この学校を去るにあたって悔いはないです。
4月からはどこで何をしているか未定です。
教員は、辞めたくないんだけどね。
スポンサーサイト

TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。